過去問

【問題と解答】第二種電気工事士10年間の過去問と筆記試験の勉強法

第二種電気工事士の過去問筆記試験対策についてです。

電工二種の筆記試験では、過去問に類似した問題が多く出題されるため、過去問を解いて力を付けることで合格に大きく近づけます。

初心者の方でも1回分だけでも解いておいた方が良いです。

「参考書を1周したから腕試しをしてみたい」
「苦手な分野がどこか知りたい」
「合格ラインに行けるかどうか知りたい」

理由は何でもOKです。
1回分解くだけでも凄く前に進めるので、絶対に1度は解いてくださいね。

過去問10年分を2~3周きちんとこなすことができれば、筆記試験に合格できるだけの力は、おおよそ身につきます。

さっそく、挑戦してみましょう。

  第二種電気工事士 10年間の過去問

第二種電気工事士 10年間の過去問

筆記試験の10年間の過去問をまとめました。
平成21年~平成30年度分の問題と解答について掲載しています。

↓  挑戦する過去問を選択してください  ↓

※問題と解答は電気技術者試験センターのものを引用しています。

  平成30年度  第二種電気工事士 筆記試験

受験者数(人) 合格者数(人) 合格率(%)
123,279 68,321 55.4%

平成30年度 筆記試験の合格率は55.4%です。

   上期試験

問 題解 答

   下期試験

問 題解 答

  平成29年度  第二種電気工事士 筆記試験

受験者数(人) 合格者数(人) 合格率(%)
112,379 66,379 59.1%

平成29年度 筆記試験の合格率は59.1%です。

   上期試験

問 題解 答

   下期試験

問 題解 答

  平成28年度  第二種電気工事士 筆記試験

受験者数(人) 合格者数(人) 合格率(%)
114,528 67,150 58.6%

平成28年度 筆記試験の合格率は58.6%です。

   上期試験

問 題解 答

   下期試験

問 題解 答

  平成27年度  第二種電気工事士 筆記試験

受験者数(人) 合格者数(人) 合格率(%)
118,449 69,704 58.8%

平成27年度 筆記試験の合格率は58.8%です。

   上期試験

問 題解 答

   下期試験

問 題解 答

  平成26年度  第二種電気工事士 筆記試験

受験者数(人) 合格者数(人) 合格率(%)
105,528 62,272 59.0%

平成26年度 筆記試験の合格率は59.0%です。

   上期試験

問 題解 答

   下期試験

問 題解 答

  平成25年度  第二種電気工事士 筆記試験

受験者数(人) 合格者数(人) 合格率(%)
109,564 68,388 62.4%

平成25年度 筆記試験の合格率は62.4%です。

   上期試験

問 題解 答

   下期試験

問 題解 答

  平成24年度  第二種電気工事士 筆記試験

受験者数(人) 合格者数(人) 合格率(%)
99,725 58,036 58.2%

平成24年度 筆記試験の合格率は58.2%です。

   上期試験

問 題解 答

   下期試験

問 題解 答

  平成23年度  第二種電気工事士 筆記試験

受験者数(人) 合格者数(人) 合格率(%)
95,075 59,979 63.1%

平成23年度 筆記試験の合格率は63.1%です。

   上期試験

問 題解 答

   下期試験

問 題解 答

  平成22年度  第二種電気工事士 筆記試験

受験者数(人) 合格者数(人) 合格率(%)
98,600 58,935 59.8%

平成22年度 筆記試験の合格率は59.8%です。

問 題解 答

  平成21年度  第二種電気工事士 筆記試験

受験者数(人) 合格者数(人) 合格率(%)
94,770 63,620 67.1%

平成21年度 筆記試験の合格率は67.1%です。

問 題解 答

 【筆記試験】 過去問を使った勉強法のワンポイント

【筆記試験】 過去問を使った勉強法のワンポイント

過去問を用いた筆記試験の勉強法についてです。
正確には「過去問を使って勉強する際に意識すること」になります。

過去問を解く際は「どれだけ問題を解けたか」よりも「どれだけ問題を間違えたか」の考え方を持ってください。解けた問題は、今後いつ解いても正解します。それよりも間違えた問題を解けるようになることの方が合格するうえでは大切です。

上記が過去問を使った勉強法のワンポイントです。

問題を実際に解いていただければわかることですが、「過去問同士で似たような問題」が結構多く出題されます。

恐らく、3~5年解くだけでも見たことのある問題に遭遇するはずです。

そのため、解けた問題はいつでも解けるという訳です。
それよりかは、50問の出題の中で苦手とする分野を少しでも多く解けるようにしておきましょう。

100%にする必要はありません。

正解率80%ぐらいをキープできれば十分なので「苦手な分野の中でもこれぐらいなら解ける問題」を作るようにしてくださいね。

 【補足】第二種電気工事士の問題集について

【補足】第二種電気工事士の問題集について

過去問は無料で手に入りますが、どうしても限界があります。

「1回ごとに印刷するのが面倒くさい」
「解説がどれもイマイチ」
「スマホだと画面が見づらい」
「パソコンは幅を取って邪魔だ」

こういった際には問題集の購入がオススメです。
管理人が実際に使用した問題集は「第二種電気工事士 模範解答集」になります。

詳しい解説と十分な問題集なので勉強にストレスがありませんでした。合格に必要な力は身につけることのできる問題集なので必要な方は使用してみてくださいね。

※通販サイトのボタンをクリックすると、商品詳細のページに移動します。

▷▷関連:第二種電気工事士にオススメの参考書と問題集

◆おまけ◆
↓ おすすめの参考書 ↓

created by Rinker
ツールボックス
¥4,953
(2019/12/07 15:06:17時点 Amazon調べ-詳細)

ABOUT ME
鏡花
鏡花
『10年後も残る電気の仕事』をテーマに情報を発信中!|保有資格:電工一種・二種、電験三種、エネルギー管理士(電気)etc...
あなた自身の”本当の価値”を理解していますか?
CTA 若者向け
  • 何でこんなに仕事が出来ないんだろう…。
  • 上手く人と話すこともできない…。
  • 毎日時間が淡々と過ぎていくなぁ…。
  • そもそも自分の強みって何なんだろう…。

そんな悩みを持っている20代の若い方に向けて、

あなたの”強みと本当の価値”を教えてくれる3つの診断サイトをご紹介します。

明日も今日と同じにしたくない方だけご覧ください!

”本当の強みと価値”を知りにいく!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です