電験三種-勉強法

【電験三種】試験当日の試験会場での過ごし方【休憩時間がポイント】

Chapter.10 電験三種時間戦略

電験三種の試験当日は、ものすごく緊張します。

「1科目も合格できなかったらどうしよう」
「自分の実力が発揮できるか不安だ」
「試験終了までに解き終えられるかな」

こういった感情が胸の内をめぐることになりますね。

そこで大切になるのが「試験当日の試験会場での過ごし方」です。

  • 過去問で余裕のあった人物が不合格
  • 過去問で基準点ギリギリの人物が合格

実際の試験では、こういったことが起こります。
それだけ、試験本番でのプレッシャーというのは「受験者の実力を奪うもの」ということです。

そこで今回は、電験三種に3年かけて合格した管理人が「効果的な時間の使い方」について解説していきます。

先に謝罪しておくと確証はないです。ただ、合格したい気持ちが強ければ強いほど、この記事を読む価値があります。理由は単純で「電気の資格をある程度網羅した管理人がどの試験でも意識していることだから」です。

さっそく見ていきましょう。

  試験当日の試験会場での過ごし方

試験当日の試験会場での過ごし方

まずは、試験会場での過ごし方に注目して見ていきます。

  • 会場に着くまでの過ごし方
  • 試験が始まるまでの過ごし方

この2つを抑えておくことが大切です。
それぞれで重要なポイントをチェックしていきましょう。

  試験会場に着くまでの過ごし方

ここで気をつけることは2つあります。

  • 荷物は家を出発する30分前には準備
  • 入室時間の30分前には会場到着

この2つです。
結果からお話しすると「受験票と電卓を忘れずに時間の余裕を持って行動すること」が大切になります。

   荷物は家を出発する30分前には準備

当日は余裕を持って30分前には準備しておきましょう。

直前に用意すると、どこかに置いたのは分かるけど見つからない荷物が出てきたりなんかしてバタバタする可能性があります。

置いた場所を忘れやすい人は、準備=当日に持ち運ぶ鞄(リュック)に入れておくのが確実です。「ここに置いたはずなのに何でないの?」とバタバタすることが多い方は要注意ですね。

あと、当日の準備物は次のとおりです。

  • 受験票【顔写真】
  • HBの鉛筆 or シャーペン【2本以上】
  • 鉛筆削り or シャーペンの芯
  • 消しゴム【2個以上】
  • 透明・半透明の30cm以下の定規
  • 腕時計【電卓・通信・アラーム機能は×】
  • 電卓【関数機能×】※1
  • 眼鏡 or ルーペ【必要な人のみ】

※1 電験三種で使用できる電卓は関数機能のないものに限られています。

   電験三種に使用できる電卓の例
電験三種に使用できる電卓の例

注意: √ 機能は必須です。

   電験三種に使用できない電卓の例
電験三種に使用できない電卓の例

このような関数電卓は使用できません。

特に、”筆記用具””受験票””電卓”は要チェックです。

試験当日は、忘れた人がコンビニなどで購入もすることもあるため、すぐに手に入れるのは困難なことが多いです。

というよりも、忘れ物の無いように出発してくださいね。

   入室時間の30分以上前に到着

試験当日は、9:00から理論が開始されます。
ただ、実際の試験の入室時刻は8:40となっており、試験においての注意事項などの説明があります。

余裕を持って8:00~8:10に会場に到着するようにしましょう。

また、当日は交通機関が混んでいる可能性が高いです。

  • 駐車場の確認
  • 電車の時刻確認

該当するものをチェックしておきましょう。
電車で向かわれる方は、帰りの切符も先に購入しておくと良いかもしれません。

遅刻厳禁で当日は過ごしてくださいね。

  試験が始まるまでの過ごし方

ここで意識することは3つあります。

  • お手洗いは確実に済ませる
  • 参考書は不安なポイントだけ確認
  • 周りの人間の真似をしない

この3つです。
特に、「参考書の使い方」については要チェックですね。

   お手洗いは確実に済ませる

  • 理論・電力・法規:90分
  • 法規:65分

電験三種は試験時間が長いです。
解いている間は短く感じますが、試験のガイダンスも合わせると合計で2時間近くは退室することができません。

そのため、お手洗いは必ず済ませておきましょう。

試験会場に着いたら席を確認して、とりあえずお手洗いがベストです。試験中は退室すると戻れなくなるので注意してください。

   参考書は不安なポイントだけ確認

試験当日、会場で参考書を見るポイントは1つです。

「出題されたら解けるか分からない問題」

この問題を確認しておきましょう。
試験当日は、どの問題も解けなさそうに感じるので、前日までにこれらのポイントはまとめておくのがオススメです。

解ける問題は、いつ解いても解けるので自信を持ってくださいね。

   周りの人間の真似をしない

試験会場には色々な人がいます。

  • 参考書と向き合っている人
  • ノートに復習している人
  • 瞑想している人
  • 熟睡している人

驚かれるかもしれませんが、管理人が実際に試験会場で見てきた人たちです。

とりあえず、熟睡だけはNGです。
加えて、周りの人がそうしているからと言って、あなたが同じ行動をする必要はまったくありません。

自分が1番試験に大切だと思うことをやりましょう。
堂々としていれば、自然と「真似される側」になっているかもなので、とりあえず自信を持って行動してください。

 【NG集】休憩時間にやってはいけない行動リスト

【NG集】休憩時間にやってはいけない行動リスト

「休憩時間」にやってはいけない行動集です。
結果からお話しすると2つあるのですが、どちらも当日は時間の無駄になるので、辞めておきましょう。

  • 受験した科目を振り返らない
  • 解答速報を検索しない

この2つは絶対に守ってくださいね。

  受験した科目を振り返らない

  • 「あの問題どうだったかなぁ」
  • 「60点届いてないかもしれない」

休憩時間ではこんなことを思いがちになります。
少しの間は、これらのことを考えていても大丈夫です。ただ、5分以上悩むのは辞めておきましょう。

「参考書を見て確認したくなる気持ち」も分かります。

「友達と解答を確認し合って不安を紛らわしたい気持ち」も分かります。

ただ、1度終えた試験の解答を変えることは不可能です。
終わった科目は合格を信じて次の科目へ気持ちを切り替えてください。

  • 疲れた脳の休息
  • 次の科目の不安なポイントの確認

これらの行動の方が重要です。
次の科目で60点のうちの5点を獲得する行動になりますから。

  解答速報を検索しない

試験当日、5ch(2ch)にて解答の掲示板が立てられます。「電験三種  2019」などと検索すると出てきますね。

当日は、解答が気になってどうしても検索してしまいがちです。

  • 掲示板
  • twitterなどのSNS

気持ちは分かりますが、この2つは封印です。
前の科目を引きづっていても点数は変わらないので、次の科目で必要なことを確認するようにしてください。

 【実体験】試験当日に実力を120%発揮する戦略

【実体験】試験当日に実力を120%発揮する戦略

僕自身、多くの電気資格を受験してきました。
そこで得た、電験三種に特化した戦略を紹介します。

合計で3つあり、すぐに真似することが可能です。

  • 問題は問1から解かない
  • 終了10分前はマークの見直し
  • 計算問題は途中式を残す

サクッと見ていきましょう。

  問題は問1から解かない

試験開始の合図と同時に問1から解くのはNGです。

理由は単純で「問1が難問だったらそこで詰まる可能性があるから」です。まずは、全体を確認してサクサク解ける問題から解答を開始してくださいね。時間の効率が本当に大切になるので。

上記のとおりです。
この記事の中で1番大切なことになります。試験本番でこれを意識するかしないかで、時間的余裕が大きく変わってくるんです。

試験本番はかなり緊張しています。
そのため、問題を1問解けるまでは中々不安が消えてくれません。

問1を悩んだ後に問2に移って、問2も悩んだとなったら時間も失いますし、何より頭が真っ白になってくる可能性があります。それだけ、試験本番の不安と焦りは大きいです。

1問あたりの目安は20~30秒でOKです。

  • すぐに解けそうなら解答
  • 時間が必要なら次の問題へ

こんな感じでサクサク進めてください。
とりあえず問題を1周してみて、そのあとにじっくりと解いていきましょう。悩む時間が短そうなものにチェックしておくのもオススメですよ。

まずは1問。解ける問題を解答することが試験本番時の不安を退ける大きなポイントの1つとなります。

  終了10分前はマークの見直し

電験三種は、5択のマークシート形式です。
そのため、どれだけ計算が正しかったとしてもマークの記入ミスをしてしまうと、それだけで不正解になります。

近年では「受験番号のマークミス」なんかも増加しているとのことです。

受験番号は間違えると無条件で不合格になります。
実際の試験では、3回以上は見直したいところですね。

  • 受験番号:試験開始の時に案内あり
  • 解答:計算と同時にマーク記入
  • 終了10分前に最終確認

試験本番はこのぐらいが理想です。
マークミスは本当にもったいないので、絶対にしないでくださいね。

  計算問題は途中式を残す

  • 1回目の解答
  • 2回目の見直し

上記のポイント2つは大切です。
どの資格にも共通して言えることですが、電験三種でもかなり重要になってきます。

電験三種では、計算問題を多く出題する科目が一般的なため、途中式を残していないと2回目に「計算の過程」を見直すことはできません。

「1回目と2回目の解答が違う」

この時が1番悩んで1番時間を割いてしまいます。

途中式があると、1回目と2回目で比較することができるので判断しやすくなります。結果として、どちらかのミスに気づきやすくなるため、試験本番では時間的にも非常に重要です。

時間短縮をすることができるとその他に時間を使用できるため、どんどん間違いに気づけるサイクルが回転し、合格に近づくことに繋がります

  さいごに

この記事の内容をまとめます。

時間戦略 一覧表
  1. 忘れ物は絶対にしない
    ⇒受験票と電卓は要チェック
  2. 遅刻厳禁。会場には早めに。
    ⇒無条件に失格になるため
  3. お手洗いは確実に済ませる
    ⇒試験時は退室できないため
  4. 当日は不安なポイントだけ確認
    ⇒公式なども一緒にチェック
  5. 周りの人間の真似をしない
    ⇒流されない強い精神で挑む
  6. 受験した科目は振り返らない
    ⇒点数は変わらないため
  7. 解答は検索しない
    ⇒次の科目の対策をしよう
  8. 問1から解答を始めない
    ⇒解ける問題から解くこと
  9. マークミスは絶対にしない
    ⇒点数が無条件に下がるため
  10. 計算問題の途中式は残す
    ⇒見直しがしやすくなるため

「電験三種を1発合格」

1番の理想は、やっぱりこれですよね。
受験費用も1番安く済みますし、同じ試験を何度も受験するのは正直疲れます。

しかし、実際はそう上手くいかないことが多いです。

  • 問題を解けない焦り
  • 解答に対する不安
  • 周囲の人間からの期待と重圧

これらが隣り合わせで付いてくるためです。
時には、後から受験した人が自分より先に合格する光景を目にするかもしれません。

ただ、これらで自分を卑下するのはNGです。比較対象を受験者から世間に変えた際に、間違いなくあなたは「電気にめっちゃ詳しい人」になれているので、あまり気にしすぎるのは良くないですよ。

この記事で登場したことを守れていれば、時間の効率は大幅にアップします。焦らず、1問1問解いていきましょう。

そして最後に1つだけ。

持てる実力のすべてを発揮してきてください!

 

▷▷関連:電験三種の合格発表日と試験会場

 

ABOUT ME
鏡花
鏡花
『10年後も残る電気の仕事』をテーマに情報を発信中!|保有資格:電工一種・二種、電験三種、エネルギー管理士(電気)etc...
あなた自身の”本当の価値”を理解していますか?
CTA 若者向け
  • 何でこんなに仕事が出来ないんだろう…。
  • 上手く人と話すこともできない…。
  • 毎日時間が淡々と過ぎていくなぁ…。
  • そもそも自分の強みって何なんだろう…。

そんな悩みを持っている20代の若い方に向けて、

あなたの”強みと本当の価値”を教えてくれる3つの診断サイトをご紹介します。

明日も今日と同じにしたくない方だけご覧ください!

”本当の強みと価値”を知りにいく!

こちらの記事もおすすめ
電験三種-勉強法

【電験三種】電力の効率的な勉強法と出題傾向、出題例について

2019年5月7日
電気工事士入門の書~電気の道は一歩から~
電験三種の電力ですが、つい数年前くらいまでは「電力が1番合格しやすい科目だ」なんてことを言われていました。実際に合格率も1番高かったです。  …

POSTED COMMENT

  1. アバター まさたろー より:

    ありがとうございました。8月30日に拝見して、とても心強くなりました。お陰で理論がギリギリ55点でしたが、何とか合格通知をもらい、免状申請中です。隙間時間を次の科目に全力で有効利用できて、勝ちました。ありがとうございました。

    • 鏡花 鏡花 より:

      まさたろー様

      合格おめでとうございます!!
      この記事で書いていること以上にまさたろー様ご自身が努力をされた賜物だと思いますよ!!

      僕自身としても、こういったコメント頂くのが初めてなのでものすっごく嬉しいです。
      本当におめでとうございます(*^_^*)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です