電験三種-参考書・問題集

電験三種の合格者がおすすめする参考書ランキング5選!【送料無料】

電験三種を勉強するうえで欠かせないのが参考書です。

  • 参考書が多くてどれを選んで良いのかが分からない
  • 1番良い参考書を教えて欲しい
  • 参考書を買い直したくないから間違えたくない
  • ついでに良い問題集も教えて欲しい
  • 参考書と問題集のおすすめの組み合わせってあるの?

この記事では、こういった疑問を解決します。ちなみに、参考書選びはこの記事で完了させてくださいね。

でなければ、電験三種への勉強時間が現在進行形で減っていくのみです。

僕自身、参考書は3種類近くのものを購入し、仕事上で後輩と一緒に勉強していく中でたくさんの参考書を見てきました。

そこから得た結論を言うと、参考書の内容自体に大きな差はありません。

参考書選びで注目しなければいけないのは、

  • イラストの量
  • 文章の量
  • 説明のわかりやすさ

この3つの観点です。付け加えると、参考書を見開きで見た際に「イラスト4割・文章6割のバランス」が取れたものを選択すればOKです。

あとは、『あなた自身の勉強環境』からピッタリなものを選択してください。

※手っ取り早く見たい人は、以下のボタンをクリックしてください。

\ 参考書を手っ取り早く見たい方 /
参考書を見る

\ 問題集を手っ取り早く見たい方 /
問題集を見る

\ 本屋にいるあなたへ /
組み合わせを見る

 【始めに】電験三種の参考書は2種類ある話

【始めに】電験三種の参考書は2種類ある話

電験三種の参考書は2種類から成り立っています。

  1. 4科目一括収録型
  2. 各科目個別収録型

上記の2種類の参考書です。
どちらも「参考書」と一括りにされていますが、それぞれには長所短所があります。

  • 4科目同時収録
    ⇒アウトプットに特化している。「辞書型」参考書。
  • 各科目個別収録
    ⇒インプットに特化している。「教科書型」参考書。

2つの参考書にはこういった特徴があります。
2種類の参考書それぞれを選ぶメリット・デメリットを見てみましょう。

  一括収録型参考書のメリット・デメリット

  例:電験三種 完全攻略

created by Rinker
¥2,860
(2019/12/07 20:54:59時点 楽天市場調べ-詳細)

   メリット

1.必要最低限のページで基礎が固まる
2.分からない問題を調べる際に調べやすい
3.コストが安い

   デメリット

1.必要最低限のため理解しづらい
一括収録型はこんな人におすすめ
  • 誰かに教えてもらえる環境にある【学生・社会人】
  • ある程度の知識が身についている【資格取得者】
  • 試験範囲の内容をすでに学習済み【専門学生・大学生】

   補足

4科目一括収録型の参考書は、過去問題を解いている際や復習の際に、

  • この公式って何だっけ?
  • これ何の法則だっけ?

こういった場面にて活躍する「辞書型」の参考書です。

そのため、1から勉強し始める方であれば少し理解しづらい内容になっています。

それを補える環境(先ほど紹介した3つの環境)に当てはまるのであれば金銭的にも一括収録型をおすすめしますが、そうでないのであれば各科目収録型を選びましょう。

  各科目個別収録参考書のメリット・デメリット

  例:電験三種 完全マスターシリーズ

   メリット

1.各項目で基礎を固めれる
2.初めての方でも理解しやすい内容

   デメリット

1.分からない問題を調べる際に不便
2.合計の価格が高い
3.合計ページ数が良くも悪くも多い
各科目収録型はこんな人におすすめ!
  • 独学で勉強している人
  • 電験三種を分かりやすく勉強したい人
  • 参考書に1万円使っても大丈夫な人

   補足

各科目個別収録の参考書は、問題を解く前の土台作りに特化しています。

  • 問題を解けるだけの力を付けたい
  • 各科目の基礎をしっかりと身につけたい

そういった際に活用する「教科書型」の参考書です。

そのため、電気を1から始めるような方であれば各科目ごとの参考書の方が力は付きます。ただ、1冊のページ数が多く分厚いので、勉強に対するモチベーションの維持が大変です。

  • 4科目同時収録参考書
    ⇒困ったときに調べる「辞書型」参考書
    復習、問題を解く際の「アウトプット」に特化している
  • 各科目個別収録参考書
    ⇒基礎を固める「教科書型」参考書
    問題を解けるまでの力をつける「インプット」に特化している

  電験三種の合格者がおすすめする参考書ランキング5選

電験三種の合格者がおすすめする参考書ランキング5選

僕自身、4科目個別収録の参考書も一括収録されている参考書も両方使用したことがありますし、受験者に勉強を教えていたことも何度かあります。

そのため、多種多様な参考書を目にしてきました。

その中で出てきた『この参考書は使いやすい』『多くの人が選んでいる』参考書をランキング形式で紹介したいと思います。

電験三種の参考書ランキング
順位 参考書 オススメ度
第1位 電験3種 ニューこれだけシリーズ
第2位 電験三種 完全マスターシリーズ
第3位 電験三種 完全攻略
第4位 電験三種 合格一直線シリーズ
第5位 電験三種 やさしく学ぶシリーズ

  第1位 電験3種 ニューこれだけシリーズ

※通販サイトのボタンをクリックすると商品詳細のページが開きます。

名称 電験3種 ニューこれだけシリーズ
出版社 電気書院
冊数 5冊(理論・電力・機械・法規・数学)
特徴 イラスト・図が豊富な参考書
初心者~上級者まで利用可能
オススメ度

   この参考書のここが良い!

1.手書きの図がとても見やすい
2.説明が丁寧でわかりやすい
3.説明と図のバランスが良く、勉強しやすい

   この参考書のここが惜しい!

1.問題が良くも悪くも基本的すぎる
2.問題集と一緒に併用しにくい
これだけシリーズはこんな人におすすめ
  • 『イラスト豊富』の参考書を使いたい
  • 『人気度の高い』参考書を選びたい
  • 『絶対に』間違いないものが良い
  • 『解説が』わかりやすく・易しいものが良い
  • 4冊購入しても大丈夫な人

   補足

この参考書が他と比べて圧倒的に勝っている部分は、イラストと図が他と比べて豊富で初心者にも上級者にも見やすい」というところです。

冒頭部分にて紹介したイラスト4割・文章6割のバランスを見事に実現しています。

ここまでのバランスを取れているのは全参考書の中で『これだけシリーズ』だけです。

「教科書型」参考書として特化している分、分からない問題と遭遇した際に少し調べにくいという部分がありますがそれでも勉強にさほどの影響はないでしょう。

電験三種の参考書に『これだけシリーズ』を採用している会社も存在するくらいです。

ほとんどの人が受験の参考書に選んでいるので、

迷っている人は、この参考書を選んでおけば間違いありません!

  第2位 電験三種 完全マスターシリーズ

created by Rinker
¥2,970
(2019/12/07 20:54:59時点 楽天市場調べ-詳細)