電工一種-技能試験

【有益】第一種電気工事士の実技試験における対策と勉強方法【経験談あり】

第一種電気工事士の実技試験に合格すると免状を手にできます。

悩む受験者
悩む受験者
第一種電気工事士の実技試験における対策と勉強方法について教えてください。本番の流れやポイントについて経験談つきで詳しく知りたいな。

本記事では、上記の疑問を解決します。

実技試験は、教材を揃えて工具を購入し、複線図を覚えて候補問題を2~3周することで合格する力は身につきます。実技試験の流れやポイントについて経験談を踏まえて解説します。

上記を深掘りして言解説します。
実技試験を効率よく攻略したい方は、必見です。

本記事の内容

上記の3本立てです。
実技試験の対策と勉強方法を経験談つきで詳しくご紹介します。

早速、みていきましょう。

本記事の信頼性

本記事の信頼性

本記事を書いている僕は、第一種電気工事士に合格済みです。電気の資格に関する案件も50件以上受注した経験があります。

第一種電気工事士の実技試験における対策と勉強方法

第一種電気工事士の実技試験における対策と勉強方法

第一種電気工事士の実技試験実技試験における勉強方法がこちら。

僕が実際に行った対策の流れです。
受験者の多くがこの方法を実践しています。

サクッとみていきましょう。

教材(参考書)を揃える

まずは、試験を対策するための参考書を揃えましょう。僕自身も使用しましたが、「すいーっと合格」が1番おすすめです。

第一種電気工事士でおすすめの参考書

上記のとおりです。
必要なポイントや複線図がまとめられているので効率よく対策できます。

すいーっと合格は電子書籍版もついてくるため、携帯やタブレットでも隙間時間を活用して複線図を勉強できます。ストレスなく快適に対策可能です。

ただし、注意点が1つだけ。候補問題が前年と異なる場合があるため、受験する際には最新版の参考書を購入してください。

工具と材料を揃える

参考書の次は、工具と材料です。第二種と同様の工具でも合格は狙えますが、第一種に登場する電線は第二種よりも被覆が向きにくい特徴があります。

実技試験用の工具

実技(技能)試験に必要な工具

1.ドライバー(プラスとマイナス)
2.ペンチ
3.電工ナイフ
4.スケール(メジャー)
5.ウォーターポンププライヤー
6.リングスリーブ用圧着工具(JIS C 9711:1982・1990・1997適合品)
7.VVFストリッパー(任意ですが超おすすめ)
8.ワイヤーストリッパー(任意ですが一種でおすすめ)
9.ケーブルカッター(任意ですが一種でおすすめ)

※タイトルをクリックすると開きます。

上記が実技試験に必要な工具です。
工具は単品で揃えるよりも工具セットを購入して一括で揃えましょう。

第二種から受験している方であれば、足りない工具の単品購入でもOKです。もし、工具を揃えていない段階の方であれば、工具セットを購入してください。

おすすめの工具セットは、次のとおり。

おすすめの工具セット

※第一種向けの工具セットあり。
第一種電気工事士を真剣に見据えている人は「DK-11」を選択しましょう。DK-28の内容にワイヤーストリッパーとケーブルカッターが付属しています。

足りない工具を揃えたい方は「実技試験で必要な工具一覧」の記事をご覧ください。単品購入で必要なものが揃います。

実技試験で必要な工具を間違えずお得に揃えましょう。

実技試験用の材料

独学で対策される方は、工具セットとあわせて材料も購入しましょう。おすすめは、候補問題2周分の材料を用意して必要に応じて材料を追加するといった方法です。

材料も通販で間違いなく揃えるのがおすすめです。材料の種類や数量が間違えずに揃えられるので、実技試験の対策にのみ集中できます。

候補問題2周分の電線と必要な器具を揃えて対策すると合格する力は身につきます。後は、実力と相談しながら必要に応じて電線を追加で購入してください。

複線図をマスターする

第二種と同様に、第一種電気工事士の実技試験も「単線図」を「複線図」に書き直す力が求められます。基本的な内容は変わりませんが、結線が少し複雑なので間違えない様に注意しましょう。

単線図は「簡単な設計図」、複線図は「詳細な設計図」なので、攻略すると試験での施工速度や正確性が大幅に向上します。

第一種電気工事士の実技試験は試験時間が60分あるので、必ず複線図を記入して正しい結線を行うようにしてください。

  • 器具を記載する
  • 接地相(白線)と負荷・コンセントを接続
  • 非接地相(黒線)とスイッチ・コンセントを接続
  • スイッチと該当する負荷を接続
  • 施工条件にあった詳細を記載

書き方は上記のとおり。
ポイントは、100V回路と200V回路をわけて書くことです。

慣れると3分程度で記載できます。実技試験は候補問題の中から1問出題されるので、複線図の攻略は必要不可欠です。

複線図の書き方」の記事やYouTubeの動画でも詳しく解説しています。10分程度で基礎を解説しているので、よろしければご覧ください。

単位作業の練習をする

複線図の書き方をある程度マスターしたら、次は実際の施工をしていきましょう。まずは、単位作業(基礎作業)の練習から始めるのがおすすめです。

ただし、先ほど解説した材料と器具のセットを購入した場合、単位作業だけの練習だと候補問題の施工時に電線が不足します。そのため、候補問題を実際に施工しながら単位作業もあわせて行いましょう。

第二種電気工事士に合格している方は、基礎的な内容に関しては既に習得しているはずなので、そういった方は候補問題を積極的に施工してください。

  • ケーブル・電線の切断
  • ケーブル・電線の被覆剥き
  • ランプレセプタクルや露出形コンセントに結線するための輪作り(のの字巻き)
  • 電線と端子台との接続
  • 電線と器具の結線
  • リングスリーブと電線の接続
  • 差込形コネクタと電線の接続

単位作業としては、上記のとおり。慣れるまでに多少の時間が必要ですが、繰り返すうちに必ず作業速度は向上します。

「工具と材料は揃えたけど何から始めたら良いかわからない」といった方は、こういった単位作業から始めてください。

第一種電気工事士は、扱う電線の種類が増えるので被覆を素早く剥きたい方は「ケーブルカッター」や「ストリッパー」を使用すると施工速度が上昇します。

候補問題を2~3周施工する

単位作業の施工ができるようになれば、候補問題の施工を実践しましょう。目安としては「最低でも2周、できれば3周」といった感じです。

  • 問題の単線図と施工条件を確認
  • 単線図を複線図に書き直す
  • ケーブルの施工寸法を確認して切断する
  • ケーブルの被覆を剥く
  • 電線と器具を接続する
  • 電線同士を接続する
  • 結線の正誤と欠陥の有無を確認する
  • 形を整えて完了

施工の流れとしては、上記のとおりです。候補問題は全10問あるので、これらを2~3周施工してください。

実技試験の時間は60分あるので、各作業を効率よく実践できれば余裕は生まれます。大きなミスをしないように注意しながら対策あるのみです。

また、複線図の一覧や欠陥の判断基準については、次の記事を参考にしてください。

▷▷第一種電気工事士 実技試験の単線図と複線図
▷▷実技試験における欠陥と判断基準

実技試験本番の流れとよくある失敗例について

実技試験本番の流れとよくある失敗例について

結論としては、施工条件を確認して大きなミスなく施工することが大切です。

試験当日のスケジュール

開始~5分 複線図の作成
5分~15分 電線の切断
15分~30分 電線の加工・器具との接続
30分~40分 電線の圧着
40分~45分 結線の確認
45分~60分 欠陥の確認・手直し
60分 試験終了

実技試験における時間の目安は、上記のとおりです。また、試験当日は試験以外の時間にも余裕を持って行動しましょう。

試験開始前のお手洗いや席の確認は意外にも重要です。試験で実力を十分に発揮するためにも試験外でも時間にも注意して行動しましょう。

具体的な内容については、次の記事を参考にしてください。

▷▷第一種電気工事士 実技試験当日の過ごし方

よくある失敗例

実技試験は、施工条件を守れなかったり欠陥があったりすると不合格となります。そのため、素早く正確な作業が求められるわけです。

本番でよくある失敗例としては、次のとおり。

  • 器具の配置が問題と異なっている
  • 受験者で1番綺麗な施工を目指して間に合わない
  • 問題で指定されたケーブルや施工条件を守っていない
  • 極性が指定された器具への接続が異なっている
  • ネジで結線する器具の締付けが弱い又は忘れている
  • 電線相互の接続が施工条件と異なる

試験本番は時間的にも焦りがちです。
精神的に余裕を持つためにも欠陥についての情報は集めておきましょう。

実技試験における欠陥と判断基準」の記事では、画像つきで詳しく解説しているので、よろしければご覧ください。

まとめ:試験日までに徹底して対策しよう

まとめ:試験日までに徹底して対策しよう

今年度における試験日を掲載しておきます。

試験日(筆記) 10月4日(日)
試験時間 140分
試験日(技能) 12月20日(日)
試験時間 60分
合格発表日 筆記:令和2年11月13日(金)
技能:令和3年1月22日(金)

第一種電気工事士は、実技試験よりも筆記試験の合格率が低いことから、対策を計画的に効率よく実践することで合格する力が身につくことがわかります。

筆記試験の自己採点が終了したら、すぐに参考書の購入から動きましょう。教材と工具が揃うまでの間に複線図を対策すると更に効率的です。

実技試験は筆記試験の合格者もしくは免除者しか受験できないので、受験できるのであれば資格保有まであと少しです。

施工条件や欠陥についての知識を身に付けて余裕を持って施工しましょう。

第一種電気工事士でおすすめの参考書

おすすめの工具セット

※第一種向けの工具セットあり。
第一種電気工事士を真剣に見据えている人は「DK-11」を選択しましょう。DK-28の内容にワイヤーストリッパーとケーブルカッターが付属しています。

おすすめの関連記事
▷▷第一種電気工事士 実技試験の単線図と複線図
▷▷実技試験における欠陥と判断基準

ABOUT ME
ワタル
ワタル
電気科新卒→大手電力グループ会社に就職→2019年1月退職→ブログ立ち上げ→Webライターとしても活動中。【保有資格】第二種・第一種電気工事士、電験三種、エネルギー管理士(電気分野)、消防設備士乙6 他…
あなた自身の”本当の価値”を理解していますか?
CTA 若者向け
  • 何でこんなに仕事が出来ないんだろう…。
  • 上手く人と話すこともできない…。
  • 毎日時間が淡々と過ぎていくなぁ…。
  • そもそも自分の強みって何なんだろう…。

そんな悩みを持っている20代の若い方に向けて、

あなたの”強みと本当の価値”を教えてくれる3つの診断サイトをご紹介します。

明日も今日と同じにしたくない方だけご覧ください!

”本当の強みと価値”を知りにいく!

こちらの記事もおすすめ