電工一種-技能試験

【第一種電気工事士 技能試験】候補問題No.5の単線図と複線図の解説

2019年度に実施される第一種電気工事士技能試験の候補問題No.5についての解説です。

試験では「単線図」の状態で出題されます。
単線図から「複線図」へは自分で書き直す力が必要です。

ここでは「単線図」から「複線図」が完成するまでの流れを書き方と一緒に紹介していきます。レポート用紙でもノートでも構いませんので一緒に書き進めてくださいね。

さっそく、見てきましょう。

\ すぐに確認したい方はこちら /
完成した複線図

  候補問題No.5の単線図と複線図の解説

候補問題No.5の単線図と複線図の解説

候補問題No.5の単線図と複線図の解説です。

  • 各順番をあらかじめ決めておく
  • ひたすらに数をこなす

この2つを反復して練習することで素早く書くことができるようになります。

解説と一緒に読み進めていきましょう。

  候補問題No.5 単線図

候補問題No.5 単線図
準備物【電線】
  • KIP8mm:500mm
  • VVF1.6mm×2芯:1000mm
  • VVF1.6mm×3芯:950mm
  • VVF2.0mm×3芯:600mm
  • IV5.5mm(緑):200mm
  • IV1.6mm(緑):100mm
準備物【器具】
  • ブロック端子2P(大):2個
  • ブロック端子6P(小):1個
  • 動力用コンセント3P15A:1個
  • 埋込連用取付枠:1個
  • パイロットランプ(赤):1個
  • パイロットランプ(白):1個
  • アウトレットボックス:1個
  • ゴムブッシング(19):2個
  • ゴムブッシング(25):4個
  • リングスリーブ(小):4個
  • リングスリーブ(中):2個

  候補問題No.5 複線図

複線図を書く手順は全部で9手順あります。

  1. 単線図どおりに器具を配置
  2. 電源の白線と該当する器具を接続
  3. 電源の黒線と該当する器具を接続
  4. 電源の赤線と該当する器具を接続
  5. 負荷側の白線と該当する器具を接続
  6. 負荷側の黒線と該当する器具を接続
  7. 負荷側の赤線と該当する器具を接続
  8. アース線を記入
  9. 詳細を記入して完成

慣れれば3~5分で書くことができるようになります。
サクッと見ていきましょう。

   手順1:単線図どおりに器具を配置

まずは、単線図どおりに器具を配置しましょう。

  • 施工省略箇所
  • スイッチと器具の概要

この2つに気をつけて配置すればOKです。
候補問題No.5においては、次のようになりますね。

黒線:黒,白線:青,赤線:赤,アース線:緑色で表しています。

手順1:単線図どおりに器具を配置

   手順2:電源の白線と該当する器具を接続

電源の白線と該当する器具を接続します。

  • 端子台の電源側V相
  • パイロットランプ(白)
  • その他負荷

上記3つが該当します。
基本的に白線は接地相を表しているので接続する器具が変わることはありません。間違えないように早い段階で終わらせておくと効率的です。

実際に接続するとこんな感じになります。

手順2:電源の白線と該当する器具を接続

   手順3:電源の黒線と該当する器具を接続

次に電源の黒線と該当する器具を接続します。

  • 端子台の電源側W相
  • その他負荷

上記2つが該当します。
特に迷う部分でも無いのでパパッと記入しましょう。

手順3:電源の黒線と該当する器具を接続

   手順4:電源の赤線と該当する器具を接続

電源の赤線と該当する器具を接続します。
電源側の接続としては、これが最後になります。

  • 端子台の電源側U相
  • その他負荷

該当するのは上記2つです。
黒線と同じような方法なので、迷うところはありません。次のようになっていれば大丈夫です。

手順4:電源の赤線と該当する器具を接続

   手順5:負荷側の白線と該当する器具を接続

次に負荷側の接続をしていきましょう。
まずは、負荷側の白線と該当する器具を接続します。

  • パイロットランプ(赤)
  • コンセント

上記2つがこれに該当します。
これについては難しく考える必要はありません。いつもと同じように接地相と器具との接続を行っている段階です。

実際に接続すると次のようになります。

手順5:負荷側の白線と該当する器具を接続

   手順6:負荷側の黒線と該当する器具を接続

続いて、負荷側の黒線と該当する器具を接続します。

  • パイロットランプ(赤)
  • コンセント

上記2つがこれに該当します。
基本的なことは白線と同じになります。ただ、間違えないようにだけ要チェックです。

手順6:負荷側の黒線と該当する器具を接続

   手順7:負荷側の赤線と該当する器具を接続

後は、負荷側の赤線と該当する器具を接続すればほぼ完成です。

今回は「コンセント」だけが該当しますね。
1つだけなので特に間違える心配もなしです。

手順7:負荷側の赤線と該当する器具を接続

   手順8:アース線を記入

どこかのタイミングで忘れずにアース線を記入しましょう。
今回はこのタイミングですが、どの時でも大丈夫です。忘れないようにだけ気をつけてくださいね。

手順8:アース線を記入

   手順9:詳細を記入して完成

最後に、具体的な詳細を記入して複線図の完成です。

  • 電線の色
  • リングスリーブの刻印

施工条件を確認しながらこの2つを記入しましょう。
圧着の刻印については、こちらの画像を参考にしてください。

リングスリーブ 選定 表

複線図の作図としては以上になります。
他の候補問題の複線図も同じように作成していきましょう。

   候補問題No.5  完成した複線図
手順9:詳細を記入して完成

  おまけ:KIPを安全に剥ける工具

「KIPケーブルが硬くて剥きにくい」
「毎回力づくで剝いてるから疲れる」

管理人自身もこれにストレスを感じていました。
力で強引に剝いていると怪我のリスクも高くなり、握力が無くなるのか手の感覚が変に感じたりもします。

そこでオススメなのが「タジマ ムキチョッパDK-MC40」です。

  • CVケーブル
  • CVTケーブル
  • KIP

これらの電線はスムーズに剥けます。
実際に使用したところ、VVRも剝くことができますが、切れ味が良いので少しだけコツが必要になります。

この工具を扱うことで安全に時短を狙うことが可能です。
VVFストリッパーも持っているのであれば、電工ナイフをほぼ使わずに施工できるので怪我のリスクもかなり低くなりますよ。

※通販サイトのボタンをクリックすると商品詳細のページが開きます。

▷▷関連:【単品購入用】電気工具の一覧リスト

ABOUT ME
鏡花
鏡花
『10年後も残る電気の仕事』をテーマに情報を発信中!|保有資格:電工一種・二種、電験三種、エネルギー管理士(電気)etc...
あなた自身の”本当の価値”を理解していますか?
CTA 若者向け
  • 何でこんなに仕事が出来ないんだろう…。
  • 上手く人と話すこともできない…。
  • 毎日時間が淡々と過ぎていくなぁ…。
  • そもそも自分の強みって何なんだろう…。

そんな悩みを持っている20代の若い方に向けて、

あなたの”強みと本当の価値”を教えてくれる3つの診断サイトをご紹介します。

明日も今日と同じにしたくない方だけご覧ください!

”本当の強みと価値”を知りにいく!

こちらの記事もおすすめ