電工二種-技能試験

【第二種電気工事士】技能試験当日の試験会場での過ごし方【効率アップ】

第二種電気工事士の実技(技能)試験は、実際に施工する試験なので、試験会場での過ごし方や時間の使い方がポイントです。

悩む受験者
悩む受験者
第二種電気工事士の実技(技能)試験における試験会場での過ごし方について教えてください。あと、本番で意識すべきことや時間の効率的な使い方についても知りたいな。

本記事では、上記の疑問を解決します。

実技(技能)試験当日は、会場での過ごし方と時間の使い方が非常に大切です。過ごし方によっては時間の効率をアップできます、各場面においての行動で試験の入り込みやすさが大きく変わりますよ。

上記を深掘りして解説します。
技能試験で時間の不足が不安な方は、必見の記事です。

本記事の内容

上記の3本立てです。
技能試験当日の戦略ついて、経験談もあわせて詳しくご紹介します。

早速、みていきましょう。

本記事の信頼性

本記事の信頼性

本記事を書いている僕は、第二種電気工事士を含む複数の電気資格を取得済みです。電気資格に関する案件も50件以上受注しています。

実技(技能)試験当日の試験会場での過ごし方

実技(技能)試験当日の試験会場での過ごし方

実技(技能)試験当日は3つの場面にわかれます。

  • 試験会場に着くまで
  • 試験が始まるまで
  • 試験開始から終了まで

上記のとおり。
それぞれの場面における重要なポイントを確認していきましょう。

試験会場に着くまで

ポイントは3つあります。

  • 昼食は試験終了後
  • 準備は最後の練習直後
  • 会場到着は開始の40分以上前

工具と受験票は超重要なので、絶対に忘れないでください。

昼食は試験終了後

技能試験は40分間で実施されます。
試験会場での昼食等は支給されないので、試験終了後に取りましょう。

試験前は緊張から食事が喉を通りません。
あとは、食事をとって腹痛に襲われるのも避けたいので。

準備は最後の練習直後

工具や筆記用具の準備は「最後の練習直後」がおすすめ。

  • 当日の朝
  • 前日の夜

最後の練習を終えるタイミングは人それぞれです。

ただ、出発直前に準備するのは辞めておきましょう。緊張と不安に襲われているので、なるべく時間に余裕を持った行動をした方が良いですね。

当日の準備物は、次のとおりです。

当日の持ち物リスト

1.受験票
2.HBの鉛筆orシャーペン
3.消しゴム
4.腕時計
⇒電卓・通信・アラーム機能は×
5.眼鏡orルーペ
⇒必要な人のみ

試験に必要な工具

1.+ドライバー
2.−ドライバー
3.ペンチ
4.電工ナイフ
5.圧着ペンチ
6.ウォーターポンププライヤー
7.スケール(メジャー)
8.ストリッパー
⇒必要な人のみ

※タイトルをクリックすると開きます。

繰り返しますが、受験票と工具は最重要です。
万全な状態で試験に臨みましょう。

会場到着は開始の40分以上前

時間に余裕を持って行動すると余分な不安がなくなります。試験当日は、入室時間の30~40分前に会場到着しましょう。

  • 車の渋滞
  • 電車の混雑

試験当日は、上記の可能性があります。
そのため、精神的余裕を保つためにも早めの行動を心がけましょう。

ちなみに、試験会場のすぐそばにあるコンビニなんかでコーヒー1杯のくつろぎなんかは全然OKです。「会場がすぐ側にあるから」ですね。

試験が始まるまで

始まるまでのポイントは2つ。

  • お手洗いは済ませる
  • 複線図の最終確認

大事なのは、周りに流されない行動です。

お手洗いは済ませる

試験の説明が開始すると終了まで退室できません。
そのため、お手洗いは早めに済ませておく必要があります。

  • 会場に到着
  • 自席の確認
  • お手洗いは済ませる
  • 着席

このくらいでOKです。
あとは、緊張から腹痛が起きないことを祈りましょう。

複線図の最終確認

  • のんびりと待機している人
  • ぐっすりと寝ている人

試験会場には様々な人がいます。

ただし、実技(技能)試験においては筆記試験と違って席でやることがあるため、こういった受験者は気にしなくてOKです。

試験が始まるまでに複線図の最終確認をしてください。

というのも、実技(技能)試験は候補問題から1つ出題されます。つまり、複線図の確認は実技(技能)試験に許されたカンニングみたいなものです。

これの効果は絶大です。例えば、試験前に材料の支給と確認作業がありますが、材料を見ただけで「No〇あたりかな?」と問題を絞り、試験開始までの間に複線図を脳内にイメージできます。経験談です。

実技(技能)試験に合格すれば免状が手に入ります。

「凄い執着心だな」と周りに思われるくらいには、最後の最後まで気を抜かずに確認していきましょう。

試験開始から終了まで

試験の内容で重要なポイントです。
細かく解説したいので、次のセクションで解説します。

【効率アップ】実技試験本番で意識すべきこと

【効率アップ】実技試験本番で意識すべきこと

技能試験本番で意識すべきことがこちら。

  • 綺麗を目指すな。完成を目指せ。
  • 複線図は絶対に紙に書く
  • 電線の色とリングスリーブは要チェック

上記が意識できれば時間に余裕が持てます。欠陥を少なくするためにどれも重要なので、試験当日の朝にでもスマホでサクッと確認してください。

綺麗を目指すな。完成を目指せ。

  • 見た目が綺麗な未完成
  • 見た目は汚いが完成している

合格するのは後者です。
ちなみに、、前者は完成していないので合格率は0%ですね。

受験者の中で1番綺麗な施工はしなくてOK。スピードなども周りと比較して合わせる必要は全くありません。

試験において目指すのは「欠陥のない施工」です。
それ以外は気にせず挑みましょう。

「周りと比べて下手なんじゃ」「周りより汚いし欠陥になったら」といった不安に関しても気にしなくてOK。

施工物の綺麗さは合否の判断基準にありません。
回路の正誤と欠陥の有無が重点的にチェックされます。

合格すれば勝利です。技術なんて仕事に就けばいくらでも磨かれていくので、今は合格を目指して最善を尽くしましょう。

複線図は絶対に紙に書く

試験開始の合図と同時に問題を見るわけですが、その際に「あ、No〇の問題だ。複線図も覚えてるしいける!」となりがちです。

本番では必ず複線図を記入してください。
理由は単純で「施工条件が予想問題と異なる場合があるから」です。

そのため、施工条件も考えながら脳内で複線図を描くと間違える可能性が高くなりますし、頭が混乱します。時間も限られてるので失敗しないことが大切です。

3分もあれば、複線図は書けます。これから自分が何を施工するのか紙に書いて整理することは非常に重要です。試験が開始したらまずは施工条件を読んで複線図を書いてください。絶対です。

無自覚で不合格になるのは悲しすぎます。
合格するためにも、必ず複線図は記入してくださいね。

ただ、試験開始までの間で脳内に複線図をイメージするのはOKです。
施工条件を読んでからの複線図の記入は絶対に行いましょう。

電線の色とリングスリーブは要チェック

繰り返しますが、実技(技能)試験の時間は40分です。
そのため、緊張や不安からか施工1つ1つに焦りやすくなります。

しかし、欠陥1つで不合格です。
それが、軽欠陥のような軽い欠陥1つでも。

電線のつなぎ間違いやリングスリーブの圧着ミスも欠陥となります。

ちなみに、これらのミスは他のミスと違ってリカバリーに時間が掛かります。それもあって頭が真っ白になるくらい不安と焦りが襲ってきますね。(経験談)

特に、リングスリーブの圧着を間違えて切断すると電線が少し短くなっているので、凄く圧着しづらくなります。

そのため、電線の圧着は慎重に行ってください。
複線図を見てミスをしないように施工することが精神的にも1番です。

【目安あり】実技試験での時間の使い方について

【目安あり】実技試験での時間の使い方について

実技(技能)試験の試験時間は40分なので、時間の使い方が非常に大切です。

また、数年前に合格の判断基準が変わりました。欠陥が1つでもある時点で不合格になります。つまり、40分のうちに欠陥なしの回路を施工する必要があるというわけです。

そこで、時間の目安表を作成しました。

あくまで目安なのでこの通りに施工する必要はありません。ただ、この目安表よりも遅れ気味になると少し注意が必要です。

開始~5分 施工条件の確認&複線図の確認
5分~10分 電線の切断
10分~20分 電線の加工・器具との接続
20分~30分 電線の圧着&回路の結線完了
30分~40分 回路の最終確認

余裕があるようでありません。

ミス1つが結構なロスとなるので、1つ1つの作業を素早く丁寧に行うことを心掛けておきましょう。

まとめ:技能試験後は欠陥の確認をしよう

まとめ:技能試験後は欠陥の確認をしよう

ポイントをまとめます。

  • 試験会場に着くまで
    ・昼食は試験終了後
    ・準備は最後の練習直後
    ・会場到着は開始の40分以上前
  • 試験が開始するまで
    ・お手洗いは済ませておく
    ・複線図の確認をしておく
  • 試験が終了するまで
    ・綺麗ではなく完成を目指す
    ・絶対に複線図は紙に書く
    ・電線の色と圧着は要チェック

上記のとおりです。
技能試験の終了後は、欠陥を確認するのがおすすめです。

合格発表まで期間があるので、欠陥を確認しておくと効率的。
練習通りに実力を発揮できれば合格できます。気弱にならず自信を持って挑戦しましょう。

今回は、以上です。

おすすめの関連記事
▷▷実技(技能)試験の欠陥と合否の判断基準

ABOUT ME
ワタル
ワタル
電気科新卒→大手電力グループ会社に就職→2019年1月退職→ブログ立ち上げ→Webライターとしても活動中。【保有資格】第二種・第一種電気工事士、電験三種、エネルギー管理士(電気分野)、消防設備士乙6 他…
あなた自身の”本当の価値”を理解していますか?
CTA 若者向け
  • 何でこんなに仕事が出来ないんだろう…。
  • 上手く人と話すこともできない…。
  • 毎日時間が淡々と過ぎていくなぁ…。
  • そもそも自分の強みって何なんだろう…。

そんな悩みを持っている20代の若い方に向けて、

あなたの”強みと本当の価値”を教えてくれる3つの診断サイトをご紹介します。

明日も今日と同じにしたくない方だけご覧ください!

”本当の強みと価値”を知りにいく!

こちらの記事もおすすめ