転職サイト

【未経験OK】電気工事士の案件が多い求人サイト3つと求人票の注意点!

電気工事士に強い求人サイト3選!
  • 電気工事士に転職したい。
  • 転職するかどうかを悩んでいる
  • 求人の量がどのくらいか知りたい。
  • 何から始めたら良いのかわからない。
  • あと、求人票見る際の注意点を知りたい!

どれか1つにでも「ドキッ」とした方は、この記事で疑問を解決してください。

 

こんにちは! 鏡花です。

早速ですけど、

今の会社はブラック企業だから辞めたい! でもなぁ…。

って考えてる方、非常に多いと思います。

 

皆さんのような若い方の中で、

転職したいけど1歩が踏み出せない人っていうのは、少なくありません。

転職エージェントのように専門のプロとの面談を受けるということは、

転職することを前提にした行動になってしまうからです。

 

「でも、転職するって決めたわけじゃ…。」

そうですよね…。

実際、転職するのって凄く勇気のいることです。

◎ 会社に辞めるって言うのが怖い…
◎ 次の会社もブラック企業なんじゃ…
◎ まず、何をどうすれば良いのか…

こういった不安があるからこそ、1歩を踏み出せない状態でいるはずです。

僕自身も、退職を切り出すのはもの凄く勇気のいる行動だったと記憶しています。

ただ、皆さんに一言お伝えしたいのは、

このような不安はあって当然の不安だということです。

むしろすぐ行動できる人の方が少ないですよ!

 

だからこそ、まずは求人サイトに登録してみるところから始めませんか?

僕自身もそうでした。

ハードルは低いところから始めた方が絶対に良いです!

本記事の内容!

◎ 電気工事士の案件が多い求人サイト3選
◎ 求人票を見る際の注意点!
◎ まず行動⇒働きながら考えるのがベスト!

 

求人サイトは、転職エージェントと違って、

人と関わらなくて良いので1人で求人票を確認することができます。

また、転職エージェントよりも多くの求人票を掲載しているため、

1歩踏み出すには本当にぴったりなサイトです。

今からでも余裕で間に合いますよ!

 

  電気工事士の案件が多い求人サイト3選

おすすめの求人サイト画像

 

鏡花
鏡花
求人サイトは案件数の多いものに登録しておけばOK!

 

結論から言うと、求人サイト自体に大きな差はありません。

電気工事士の案件数が豊富なサイトを3つほど登録しておけばOKです。

案件が豊富な求人サイト3選

リクナビNEXT|転職者の約8割が選択
※最大級の求人サイトです。まずはここに登録しておきましょう!

【転職会議】企業の口コミ・評判・求人が豊富な転職サイト
※会員数が500万人突破しています。絶対に1度は見ておきたいです。

ミイダス|自分を求めている企業の求人だけが分かるサイト
※転職サイトで唯一”推定年収”が割り出せる。登録して損がないです。

※ここで紹介している求人サイトはすべて無料で登録できます。気になるものをクリックして選択してください。

 

  自分の価値は思っているよりも高い

自分の価値は思っているよりも高い

 

皆さんの中でよくありがちなのが、

自分の本当の価値に気づけていないことです。

皆さんが今、どんな会社でどのような扱いを受けているのかは分かりません。

 

ただ、これだけ知っておいていただきたいのが、

電工二種を持っているだけで皆さんの価値はとんでもなく高いです!

  • 電気設備の増加
  • 電気工事士の人手不足
  • AI技術で補うことができない

この3つが揃っている段階で、価値が低いわけがないんです。

皆さんがこれから求人サイトを見るうえで、

会社での評価を除いた自分の価値は思っていたよりも高いことを忘れないでください。

 

私自身、電気主任技術者として求人サイトに登録していますが電気工事士のオファーが毎月数十件以上届きます。

資格を所持しているだけで自分自身の価値は現在進行形で増加しているということです!

 

  電気工事士の求人票に潜む3つの注意点

求人票を見る際の注意点 画像

 

ショッキングなことをお伝えすることにはなりますが、

  • 時間外は月10時間程度
  • 完全週休2日制
  • 年休122日

電気工事士の会社にこのようなイメージを抱いている方は今すぐ捨ててください。

一般的な企業と同じで、電気会社にもブラック企業は紛れ込んでいます。

本当に残念なことですが、これは紛れもない事実なんです。

人手不足による人材確保のため、ちょこっと情報を盛っているのが現実です。

 

そこで、先ほど紹介した求人サイトの求人票を見るうえでの3つの注意点をお伝えします。

現在、どこの電気会社にも属していない僕だからこそ、

電気会社の現実をストレートに紹介することができます。

会社の従業員や経営者のように世間体というものが全くないので…。(^^;)

 

と、いうわけで実体験を含めつつ求人票の確認ポイントを見ていきましょう!

 

  残業10時間以内は疑え!

よくある質問の1つに、『時間外ってどのくらいですか?』というのがあります。

最初に言っておくと、月10時間とか15時間なんてことはないです。

もし、そのような求人があったら絶対に疑ってください。

 

電気工事士の主な仕事は施工・工事です。

仕事の種類が多いため、場所によっては施工の時間を選びます。

  • 平日の夕方
  • 休日の昼間

など一般企業の都合にあわせて予定が入ったりするため、どんなに少なくても、

月30~40時間程度の時間外は覚悟してください。

 

もう1度だけ繰り返しておきますが、

時間外10時間以内というのは幻想なので絶対に信じないでください!

 友人の体験談

会社にもよりますが管理人の友人の場合ですと、

平均的に40~50時間程度時間外が平均してあります。
ただ、会社と部署によっては時間外も少なく週休2日のところで働いている友人もいるため一概にすべてがそうと言い切ることはできません。

 

  完全週休2日制は絶対に疑え!

良くある質問のもう1つに『完全週休2日制って本当なんですか?』というのがあります。

これもまた期待に添える回答をすることができませんが、答えは『No』です。

 

完全週休2日制(土日)

これ。絶対に疑ってください!

お客さんの都合にあわせて点検するため、絶対に完全週休2日制になんてならないです。

 

一般家庭の工事を専門としたり、ビル管理のような仕事であれば週休2日の可能性はあります。がしかし、

高圧のお客様のような日程を調整して工事するような現場では土日出勤も普通にします。

少なくとも、月に3日以上土日出勤は覚悟してください。

 

しつこいようですが、もう1度言っておきます。

完全週休2日制(土日)は絶対に疑ってください。

 管理人の友人の体験談

これもまた友人の体験談によりますが、

少なくとも月に3日程度は土日のどちらかで出勤しています。
秋頃の忙しいシーズンは、月に5~6日程度出勤しています。
一般家庭の電気工事士はそこの部分で融通が利くことが多いため、高圧の工事と比べて土日出勤は少ないです。
※平日に代休を獲得します。

 

  大企業=ホワイト企業は間違い!

これもまた、かなりショッキングな情報になりますが、

大企業=ホワイト企業というのは完全なる間違いです。

部署によってホワイトな部署もありますが、ブラックな部署もあります。

 

僕の友人で電気工事会社としてはある程度有名な会社に行った友人は何人かいますが、時間外が平均70時間以上、時に100時間以上の友人も知っています。

 

知名度の高い会社の求人票だからホワイト企業と信じるのは辞めておきましょう。

会社を辞めたいと感じているあなたの本当の願いは、

大企業に就くことではなくて、無い時間を作り出すことのはずではないですか?

『ブラック企業からの脱出』という本来の目的を見失わないようにしましょう。

 

  安定しているのも事実でホワイト企業も存在する

ここまで見てみると、

電気工事士の会社はブラック企業ばかりに見えてしまいますが、そうではありません。

ただ単純に『求人票をそのまま信じる』ことを防ぎたかっただけなんです。

 

全体的に見ても、電気工事士という職業は安定しています。

電気設備がひたすらに増加しているので需要を失うことがまずありません。

それに、近年話題とされているAI技術にも変わることのできない職業ですので、無くなることも数十年は絶対にないです。

それに、先ほどは盛っている会社の見分け方を紹介しただけで週休2日が安定している会社や時間外が少ない会社というのも存在しています。

 管理人の体験談

管理人の友人が働いている企業の中で、
◎時間外10~20時間程度
◎週休2日(出勤月2日程度)
という会社も普通にありました。一般的な中小企業です。

 

『この会社が自分にあっているか?』

最終的に判断するのは企業側の人間ではありません。

他でもないあなた自身です。

  • 仕事の内容
  • 福利厚生
  • 採用条件
  • 時間外と年間休日
  • 離職率

こういった情報から『自分に向いている会社』かどうかを判断する必要があります。

 

就職時代は、”会社が自分を選ぶ”ことに力を入れてきたはずですが、

これからの時代にこの解答では50点です。

なぜなら、”自分も会社を選ぶ”位置にあるからです。

あなた欲しがる企業はいくらでも見つかりますよ!

 

  まずは行動⇒働きながら考えるのがベスト

働きながら考えるのがベスト

 

何事もそうですが、まずは行動してみないと何も始まりません。

今回紹介した求人サイトに登録するタイミングはいつなのか?

それは、この記事を読んでいる今この瞬間に他なりません。絶対にです。

 

何度も言いますが、求人票の確認はハードルが1番低いです。

その1番の理由は、働きながらできる唯一の方法だからです!

”あとで”ではなく、”今ここ”で始めましょう!

 

ラッコ君
ラッコ君
でも、求人サイトの中にもブラック企業はあるんだよね?
鏡花
鏡花
うん、あるよ。だからといって、行動を辞めて良い理由にはならないよ!

 

  悲報:10年後もあなたの会社はブラック企業です

ブラック企業 10年後

 

求人サイトに対してよくある質問として、

求人サイトの中にもブラック企業はあるんじゃないの?

といったものがありますが、答えは『Yes』です。

求人サイトで掲載されている企業の中にもブラックなものはあります。

 

ただし、求人サイト良い案件が見つからなかった場合はそれだけの話です。

特別、今の現状から更に悪くなったりはしないですよね?

 

今ここで行動することで、現状と何も変わらない可能性もありますが、

ブラック企業から抜け出せる可能性も十分にあります。

ただ、行動しないのであれば来年ブラック企業で働く可能性は、

今も10年後も20年後も、間違いなく100%です!

 

  さいごに

求人サイトに登録するだけしておけば、

自分で確認しなくても求人の情報が流れたりしてきます。

もし、届いたメールの中に良い案件があればそのまま応募なんてこともできるわけです。

今回紹介した3つの求人サイトは、

すべて3~5分程度で登録できます。

これを機に、思い切って1歩を踏み出してください!

 

案件が豊富な求人サイト3選

リクナビNEXT|毎週2.6万人登録、転職者の約8割が選択
※最大級の求人サイトです。まずはここに登録しておきましょう!

【転職会議】企業の口コミ・評判・求人が豊富な転職サイト
※会員数が500万人突破しています。絶対に1度は見ておきたいです。

ミイダス|自分を求めている企業の求人だけが分かるサイト
※転職サイトで唯一”推定年収”が割り出せる。登録して損がないです。

※ここで紹介しているサイトはすべて無料で登録できます。気になるものをクリックして選択してください。

 

もし、あなた自身がすでに転職を決意されている場合は、

転職サイト・転職エージェントへの登録をおすすめします。

サービスは基本無料ですし、プロのアドバイザーによるサポートも付くので、きっとあなた自身の強い味方になってくれるはずです。

次の記事から詳細を確認してください。

こちらの記事もおすすめ!

 

ABOUT ME
鏡花
鏡花
『10年後も残る電気の仕事』をテーマに情報を発信中!|保有資格:電工一種・二種、電験三種、エネルギー管理士(電気)etc...
あなた自身の”本当の価値”を理解していますか?
CTA 若者向け
  • 何でこんなに仕事が出来ないんだろう…。
  • 上手く人と話すこともできない…。
  • 毎日時間が淡々と過ぎていくなぁ…。
  • そもそも自分の強みって何なんだろう…。

そんな悩みを持っている20代の若い方に向けて、

あなたの”強みと本当の価値”を教えてくれる3つの診断サイトをご紹介します。

明日も今日と同じにしたくない方だけご覧ください!

”本当の強みと価値”を知りにいく!

こちらの記事もおすすめ