転職サイト

技術職に強い転職サイト・転職エージェント3選【根強く残る業種多め】

技術職は、今後も根強く残る業界です。
資格を活かして職に就くことで自身の技術力もアップします。

悩む受験者
悩む受験者
電気業界や技術職への転職をしたいのでおすすめの転職サイト・転職エージェントを教えてください。あと、失敗しないコツや何から始めるべきかも知りたいな。

本記事では、上記の疑問を解決します。

技術職に強い転職サイト・転職エージェント3選

  1. リクルートエージェント|転職支援実績No.1 ※最大級の転職サイトで案件と実績が豊富。まずはここに登録しましょう。
  2. doda(デューダ)|転職者満足度No.1 ※業界最大級の求人数と質で満足度が高いのが特徴。転職エージェント機能つき。
  3. マイナビエージェント|人材紹介・転職サイト ※転職サイトの定番。大手だと案件も多いので登録して損はありません。

※リンクをクリックすると転職サイトの詳細が開きます。

結論としては、どこのサイトも問題なし。
実績や顧客満足度の高い大手をいくつか登録して即行動→行動しつつ考えましょう。

本記事は、「技術職に転職したいけどその方法がわからない」といった方にはおすすめの記事です。未経験者や30代以上の方もぜひご覧ください。

本記事の内容

  1. 技術職に強い転職サイト・転職エージェント3選
  2. 技術職に転職する際の心構え【結論:資格と経験】
  3. 技術職は根強く残る業界【まずは行動するべし】

上記の3本立てです。
技術職へ転職する際の方法やポイントについて詳しくご紹介します。

さっそく、みていきましょう。

本記事の信頼性

本記事の信頼性

本記事を書いている僕は、大手電力会社グループに勤務経験があり、退職後はブログとWebライターをしています。電気に関する記事を100本以上執筆した経験を活かして世間体抜きのストレートな意見を執筆します。

技術職に強い転職サイト・転職エージェント3選

技術職に強い転職サイト・転職エージェント3選

結論としては、次のとおり。
どこのサイトも大差ないので、実績や満足度の高い大手を登録しておきましょう。

技術職に強い転職サイト・転職エージェント3選

  1. リクルートエージェント|転職支援実績No.1 ※最大級の転職サイトで案件と実績が豊富。まずはここに登録しましょう。
  2. doda(デューダ)|転職者満足度No.1 ※業界最大級の求人数と質で満足度が高いのが特徴。転職エージェント機能つき。
  3. マイナビエージェント|人材紹介・転職サイト ※転職サイトの定番。大手だと案件も多いので登録して損はありません。

※リンクをクリックすると転職サイトの詳細が開きます。

最低限の業界把握はしておくべき

技術職の業界は大きく分けて3つあります。

  1. IT・通信電機系
  2. 土木・建設系
  3. 電気・機械系

①:IT・通信電機系とは

エンジニアやプログラマーのことです。

ネットワークのシステム設計やプログラミング、サーバーの運営や保守など仕事の幅が非常に広いことが特徴です。

②:土木・建設系とは

施工管理技士や建築士、技術士のことです。

生活する中で必要不可欠な道路や住宅の設計、公共施設やマンション・ビルの設計・管理など仕事の幅は広く存在します。

③:電気・機械系とは

電気工事士や電気主任技術者のことです。

生活するうえで必要な電気の点検、公共施設やビルといった電気設備の施工・管理・保守など広く仕事の幅が存在します。

保有資格によって選ぶのがおすすめ

技術職に転職する際は、保有資格によって選びましょう。
仕事に就いたけど資格が役に立たないといったことを防げます。

例えば、電気の資格を一例に出すと「電気工事士」があります。これは、電気業界では大きく役立つ資格ですが、それ以外の業界では役に立ちません。

IT業界に電気工事士は必要ありませんし、その逆も然りです。保有資格から技術職を選ぶのがおすすめですし、就く仕事を決めて必要な資格を取得するかのどちらかにしましょう。

自分自身の判断能力も必要

どれだけ評価が高い転職サイトや転職エージェントを利用しても、最終的な判断をするのはあなた自身です。

結局のところ、転職が成功するかしないかは企業との相性が問題です。企業に選ばれるのではなく、あなた自身も企業を選ぶ立場にあることを忘れないでください。

まずは、サイトに登録して転職の案件を確認して企業担当者と話して面接で話を聞いて見て…こういったプロセスの中であなた自身が判断しなければいけません。

僕自身もとある転職サイトから提案された案件で転職を進めていましたが、結果としてお断りしました。理由は僕の考えとマッチしなかったのと最終的に情報を発信する側になりたかったためです。

技術職への転職する際の心構え【結論:資格と経験】

技術職への転職する際の心構え【結論:資格と経験】

結論は、資格を取得して経験を積みましょう。

経験と資格が凄く大切

手に職を就ける技術職の業界は、経験と資格がほぼ全てなので、年齢や性別は関係ありません。無資格者と有資格者には絶対的な差があります。

執筆している僕の知っている中では「50代の方で無資格から電気の資格」を取得して転職に成功しています。今ではビル管理士の仕事に従事してますね。

まずは”資格”の取得です。

誰でも最初は未経験からのスタートなので技術力は学べば問題ありません。スキルを気にしては何もできないので、転職案件を見つけたらまずは行動するのがおすすめです。

無資格者の資格取得方法のリンク

▷▷電工二種の攻略講座【初心者向け】
▷▷電工一種の攻略講座【中級者向け】
▷▷電験三種の攻略講座【上級者向け】

経験を積むと仕事の幅が大きく広がる

ここまで読んだ方で「経験を積んだら何の役に立つの?」と思われている方がいるかもですが、結論としてはキャリアアップと仕事の幅の増加につながります。

というのも、技術系の資格には免状が交付されますが、免状交付時に実務経験が必要な資格がいくつか存在します。

技術者や電気主任技術者、施工管理技士がその一例です。

資格によって必要な実務経験は試験時と試験後にわかれますが、有資格者+実務経験者の満了者は技術者としての価値が更に高まります。

技術職は資格を取得して経験を積むことで、転職で更に有利となるでしょう。

よくある質問:未経験者でも技術職に転職できますか?

答えはYesです。

経験者が有利なことは変わりませんが、未経験者でも資格を有していれば転職は成功します。無資格者は正直厳しいので資格取得から始めてください。

資格取得には大体半年~1年、難しいものであれば2年以上かかる場合もあるため、有資格者の需要は未経験者でも高いのが特徴です。

経験はこれから積めば問題ないので、繰り返しますがまずは行動しましょう。

ちなみに、本記事で紹介した技術職の求人倍率が次のとおり。

技術職(IT・通信) 10.8倍
技術職(建築・土木) 6.04倍
技術職(電気・機械) 4.94倍

※求人倍率は求職者1人に対して何件の求人があるかを表します。

技術職は根強く残る【まずは行動するべし】

技術職は根強く残る【まずは行動するべし】

技術職は、法令で設置が定められている職業が多いので、今後も根強く残る可能性が高い業種の多い分野です。

では、本記事でご紹介した転職サイトや転職エージェントを使うタイミングいつか?それは間違いなく今このときです。

現在が厳しいのであれば、行動しなけれけば何も変わりません。悲報ですが、会社は個人を守らないので自分の身は自分で守ることが必要です。

よくある話で「会社を辞めてからゆっくり考えよう」といった方もいますが、収入が0円になると心理的な不安に繋がるため、あまりおすすめできません。

まずは行動→行動しつつ考える

転職を成功させるためには、妥協しない部分も必要です。少しハードかもしれませんが、辞めた後のことが決まったら会社を辞めて疲れた体を十分に癒してください。

転職サイト・転職エージェントの登録後は、メールを確認しつつ興味のある案件に応募して判断するだけです。どのサイトも登録は3~5分程度で終わりますので、是非この機会に行動してみましょう。

 

 

ABOUT ME
鏡花
鏡花
『10年後も残る電気の仕事』をテーマに情報を発信中!|保有資格:電工一種・二種、電験三種、エネルギー管理士(電気)etc...
あなた自身の”本当の価値”を理解していますか?
CTA 若者向け
  • 何でこんなに仕事が出来ないんだろう…。
  • 上手く人と話すこともできない…。
  • 毎日時間が淡々と過ぎていくなぁ…。
  • そもそも自分の強みって何なんだろう…。

そんな悩みを持っている20代の若い方に向けて、

あなたの”強みと本当の価値”を教えてくれる3つの診断サイトをご紹介します。

明日も今日と同じにしたくない方だけご覧ください!

”本当の強みと価値”を知りにいく!